So-net無料ブログ作成
検索選択
ライブ ブログトップ

オータムライブコンサート 2016 [ライブ]

2016ライブ.JPG

加藤忍 自主企画制作☆ライブ
「BLISS☆FRIENDS AUTUMN LIVE CONCERT vol.6 in SHINJYUKU」
2016.10.1~10.4
【出演】加藤健一・清水明彦・日下由美・有馬自由・本多由佳・加藤忍
ゲスト・丸山厚人(1日・3日・4日)・鵜山仁(2日・4日)新井康弘(1日)
【ピアノ】鈴木永子
【スーパーアドバイザー】小出真理子
【場所】新宿ミノトール2
【感想】
オータムライブコンサートに行ってきました。
毎年12月に開催されるライブコンサートですが、今回は12月にお芝居が入っているので、10月開催になったそうです。場所も笹塚から新宿に変わって、どんな雰囲気かな?って思ってましたが、リラックスして楽しめました。
1部の幕開きは「乾杯の歌」のピアノ演奏から始まりました。そして「ショウほど素敵な商売はない」の全員の歌。楽しいことがこれから始まる!って感じで、ワクワクしました。
毎回思うんですが、このライブコンサートで歌を聴いてると、特に日本語の歌詞の歌は情景が浮かんできて、その世界にすーっと入っていけます。色んなことを考えながら聴いてました。
みなさん、オリジナルの曲をそれぞれ自分の歌として表現されていて、素敵でした。
曲の合間に加藤さんがエピソードを紹介してくれるのですが、「ハナミズキ」の歌詞の意味や、永六輔さんのお話などにじーんときました。
今回のコンサートで、「平和」を求める気持ちを強く感じました。争いや憎しみの連鎖が断ち切られることを願う気持ち、それと「愛」を感じました。 

私が一番好きな曲は、加藤さんが歌った「You'd be so nice to come home to」です。戦争に行っている兵士が「あなたの家に帰れたらいいな~」という想いを歌っているそうです。今もふと頭の中に歌が流れてきます。
一部のラストの「見上げてごらん夜の星を~上を向いて歩こう」と、二部の「story」から「エタナリー・スマイル」「ケ・サラ」のあたりはすごく感動しました。そして“この感動を伝えたいけど、どうやったら伝えたらいいの?”って思ってました。そして、この瞬間に、この場所にいれて良かったな~って思ってました。

アンコール曲の、「アメージンググレイス」を聴くと、加藤健一事務所の「K2」のお芝居のラストシーンがふと蘇ってきました。そして加藤さんの「マイウェイ」! 今年も聴けてうれしかったです。
そしてラスト曲は恒例の「オーシャンゼリゼ」をみんなで歌えて楽しかったです!
あっという間の2時間で、終わっていくのは寂しかったけれど、このライブコンサートで、なんか心が洗われてた気がします。そして元気になれました。ありがとうございます。
ライブコンサート、来年の開催を今から楽しみにしています。

最後にライブコンサートの曲目を書いておきます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

もうすぐライブコンサート! [ライブ]

LIVE2016-2.jpg

もうすぐ加藤さん出演のライブコンサートが始まります!
例年はクリスマスコンサートだけれど、今年はオータムコンサートです。
ライブコンサートはお芝居とはまたちがった魅力があります。興味はあるけど、聴かれたことのない方、ぜひ! おススメです。同じ歌でも歌う人によってこんなに変わるんだっていう発見もありますよ。
今年はどんな歌を歌ってくれるのかな? すごく楽しみです。

加藤忍 自主企画制作☆ライブ
BLISS☆FRIENDS AUTUMN LIVE CONCERT vol.6 in SHINJYUKU

10月1日(土)・18時オープン・19時~ライブスタート
10月2日(日)・12時オープン・13時~ライブスタート
10月3日(月)・12時オープン・13時~ライブスタート
10月4日(火)・18時オープン・19時~ライブスタート

【出演】加藤健一・清水明彦・日下由美・有馬自由・本多由佳・加藤忍
ゲスト・丸山厚人(1日・3日・4日)・鵜山仁(2日・4日)
【ピアノ】鈴木永子
【スーパーアドバイザー】小出真理子
【場所】新宿ミノトール2
【料金(税込)】5700円(ライブ料金5000円+1ドリンク代700円)
【チケット予約】ブリス企画TEL 090‐3439‐4054(10時~18時)
詳しくは加藤忍公式ブログ

****************
 ↓ランキングに参加中。応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 演劇(観劇)へ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2015クリスマスライブコンサート [ライブ]

LIVE2015.jpg

「BLISS☆FRIENDS・クリスマスライブコンサート」2015.12.17~12.20
【出演】加藤健一・清水明彦・日下由美・本多由佳・加藤忍
ゲスト・丸山厚人(18日20日)・鵜山仁(17日19日20日)・新井康弘(17日20日)
【ピアノ】鈴木永子 【パーカッション】有馬自由
【スーパーアドバイザー】小出真理子 【音響】田島隆久
【場所】笹塚/中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)
【感想】
加藤忍さん自主企画の年末恒例のクリスマスライブコンサートに行ってきました!
どの曲も歌詞を聴いてると、情景が浮かんできて心にしみました。そして原曲とはちがったアレンジになっていて、この曲がこんなに素敵だったのか・・・っていう発見もあったりして、すごく楽しかったです。
オープニングの「ショウほど素敵な商売はない」を聴いているとこれから始まる!って気持ちでワクワクしてきました。この歌、大好きです。
そして加藤さんの「エーゲ海の真珠」。有名な器楽曲ですが、日本語の歌詞とピアノ演奏で聴いたのははじめて。加藤さんの歌声が素敵すぎます。来年もぜひ歌ってほしい曲です。
由美さんの「ボラーレ」は前回とはアレンジがちがって、しっとりとした雰囲気です。最後に「コンテ」って言うのがかわいかったです。「コンテ」というのはwith youのことだそうです。曲の合間に加藤さんが言葉の意味を教えてくれました。加藤さんのMC、よくわかったし面白かったです。
全員で歌う「さとうきび畑」は、ガーンと心に響いてきた曲です。戦争で人が死んでいったこと、今の平和な日本の暮らしにはこういう想いをされている人がいることを、あたらめて感じました。加藤さんが「クリスマスらしくないけれど選曲しました」って話されていましたが、この歌を聴けて本当に良かったと思ってます。素晴らしいハーモニーでした。それと沖縄のサトウキビ畑を一度見たくなりました。
由佳ちゃんの「トマトジュース乾杯!」はテンポのいい、かわいいい歌で、元気をもらいました。
「月のワルツ」は歌詞がかわいくて、好きな曲です。忍さんにすごく合ってるな~って思います。
そして1部ラストの加藤さんと忍さんのデュエットの「夏の終りのハーモニー」も大好きです。こんないい曲だったんだ~って思いました。

2部のオープンニングは忍さんと由美さんの「懐かしのブラウン管テレビメドレー」!
「夢であいましょう」から15曲のメドレーなんですが、わたしはほとんど知ってました(笑)曲の途中で清水さんが出てきて笑わせてくれたり、「3時のあなた」の歌では忍さんと由美さんが手で時計の3時を作ったりしてくれたりして可笑しかったです。笑いもあるけど、歌声は完璧でした。
加藤さんのラテンナンバーの「ある恋の物語」と「ベサメムーチョ」もよかったな~ こうやって書いていると、頭の中で加藤さんの歌声が聞えてきます(笑)
清水さんの「What a wonderful world」は英語だったけれど、言葉の意味が伝わってくるような歌い方で聴き入ってしまいました。
加藤さんの「カルチェラタンの雪」は、前回のライブで聴かせてもらったけれど、今回の方が歌の世界に引き込まれました。お芝居も初演と再演とでは感じ方がちがうけれど、同じ歌でも初めて聴くときと、二回目とでは感じ方がちがうな~って思います。
忍さんの「誕生」も本当にいい歌だなぁ~思います。中島みゆきさんの歌だそうですが、忍さんの声にぴったり。情感にあふれていて、聴いていると泣きそうになりました。歌が苦手なわたしですが、久々に自分でも歌ってみたいと思った曲です。
そして加藤さんの「雪が降る」にはビックリ! すごく辛くて寂しそうに歌われるので、聴いているとなんか辛くなってきたりして・・・ 加藤さんは「激しい雪を降らせてみました」と話されていましたが、演出によって歌って変わるものですね。
ラスト曲は加藤さんと忍さんの「ケ・サラ」。前回は加藤さんが一人で歌われたのですが、今回はデュエットでした。この曲も大好きなんですが、歌詞を聴いているとなんか涙がでそうになりました。
そしてアンコール曲は、忍さんの「クリスマス・イヴ」、全員での「恋人がサンタクロース」でした! クリスマスっぽくなってきたところで、期待していた加藤さんの「マイウェイ」! この歌を聴いていると、加藤さんの選んだ道はお芝居なんだなぁ~なんてあらためて思ったりしていました。そして恒例のみんなで歌う「オー・シャンゼリゼ」!
ほんと楽しかったです。夢のような時間。元気を一杯もらいました。
歌を聴きながら、今年亡くなられた方とかを思い出したり、その一方で誕生する命を感じたりしていました。
このライブコンサートが今年も開催されて聴きに行けたこと、そして幸せな時間を過ごせたことに心から感謝しています。出演者のみなさま、スタッフのみなさま、本当に素敵なライブコンサートをありがとうございます。
また来年の開催を楽しみにしております。

最後にライブで歌われた曲を書いておきます。


続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2014クリスマスライブコンサート [ライブ]

ライブチラシ.jpg

「BLISS☆FRIENDS・クリスマスクリスマスライブコンサート」2014.12.11~12.14
【出演】加藤健一・清水明彦・日下由美・加藤義宗・本多由佳・加藤忍
ゲスト・丸山厚人(11日~14日)、 鵜山仁(11日、13日のみ)
【ピアノ】鈴木永子 【パーカッション】有馬自由
【スーパーアドバイザー】小出真理子 【音響】田島隆久
【場所】笹塚/中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)
【感想】
クリスマスライブコンサートに行ってきました! すごく楽しくて、夢のような時間でした。
ライブで役者さんが歌われる歌はオリジナルとはまたちがった魅力がありました。歌ってアレンジと歌い方でこんなに変わるもんなんだぁ・・・ってつくづく思います。

オープニングは、加藤さんの「明るい街角で」。タイトルどおり明るい歌で思わず手拍子。「一文無しでも~♪」という歌詞が好きです。
忍さんの「やさしく愛して」と清水さんの「Love Me Tender」はきれいなハーモニでした。この「やさしく愛して」は森山良子さんが、「Love Me Tender」のオルゴール曲に合わせて歌うために作った曲だそうです。こういう曲紹介を加藤さんがしてくれて、歌のことがよくわかりました。
由美さんの「童神(わらびがみ」はまっすぐな歌い方で、子供を神として愛おしむ気持ちを感じました。
義宗さんはピアノ弾き語りで「Honesty」! なつかしい~ 加藤さんがスタインウェイのピアノの話ばかりを強調するので義宗さんが「歌を聴いて」と反論していました。そのやりとりが可笑しかったです。
忍さんの「木蓮の涙」、とてもよかったです。悲しい想いと愛する想いがとても伝わってきて、会場では涙する人も・・・
悲しい曲の後に、加藤さんの「Begin The Beguine」は明るくてほっとしました。加藤さんの声があったかい。
清水さんの「スローなブギにしてくれ」もなつかしい。「Want You」の発音がよかったな~
加藤さんの「愛は限りなく」を聴いてると、燕が空を飛んでいう情景が目に浮かんで、歌の世界に引き込まれたした。
「五つの銅貨」からの3曲は、忍さん、清水さん、加藤さんがちがう曲を一緒に歌っても違和感がなくて、きれいなハーモニーでした。映画の話も出たので、映画も観たいな~
ここで、15分後の休憩の後、第2部へ

由美さんと忍さんの「ザ・ピーナッツメドレー」は華やかで、楽しかったです。「ウナセラディ東京」の時のお二人の目に色気があって・・・ 女優さんの目だって思いました。清水さんのパフォーマンスは最高に可笑しかったです。
そして加藤さんの「煙が目にしみる」・・・ 聞いたことはあったんですが、ちゃん聴くのは初めてで、とてもいい歌でした。歌い終わった後に、同じタイトルの「煙が目にしみる」のお芝居の話が出ていました。加藤さんの46年の役者人生の中で、唯一の女役だそうです(笑)
次は本多由佳ちゃんのクリスマスソング! このメドレーで一気にクリスマスを感じさせてもらいました。いくつかの曲をアレンジされてたんですが、ストーリー性があってとってもよかったです。
雰囲気ががらっと変わって忍さんの「Taxi」・・・ 女心が伝わってきました。
由美さんの「時代」を聴いてると、「今はどんな状況であってもがんばろう」って気になってきました。
加藤さんは「アマポーラ」! 間奏にスペイン語の歌詞が入っていて、すごくよかったです。
次は義宗さんと清水さんで「大都会」! 「あっ!」と驚かせてくれる選曲でした。とてもよかったです。
そして加藤さんが歌う「雨」! この曲、大好きです。イタリア語なんだけど、一緒に歌いたくなります。
ゲストの鵜山さんの歌は、オペラ「真珠採り」から「ロマンス」。フランス語の歌詞て意味は全然わからないけれど、気持ちが伝わってくる歌でした。透き通るような繊細な声で、びっくりしました。
丸山厚人さんは「とんぼ」。忍さんへの応援の気持ちが伝わってきました。ギターの弾き語りですごい声量!鵜山さんと丸山さん、またゲストでぜひ聴かせてほしいなぁ・・・
加藤さんの「最後の夢みる人」は、初めて聴いた曲なんですが、歌詞が素敵でした。
そして忍さんの「ハナミズキ」・・・ この曲の歌詞の意味がよくわからなったけれど、今回、加藤さんがこの曲の作られた状況を話してくれたので、すんなりと入りこめました。「水際」というのは、あの世とこの世の水際のような気がします。
そしてラストの歌は、加藤さんと忍さんの「百万本のバラ」! すごく素敵でした。加藤さんと忍さんの声のハーモニーがとってもきれいで、聞き惚れました。真っ赤にしきつめられたバラの花が思い浮かび、花を贈った絵描きの気持ちを想像しながら聴いていました。またぜひライブで歌ってほしい曲です!
アンコールは、加藤さんの「マイ・ウェイ」!
この曲がないと!って思います。今回も聴けてうれしかったです。
そして全員で「ジングルベル~お正月・蛍の光」、重ねて歌われるのですが、これもとてもきれいなハーモニーでした。「蛍の光」を聴いてると、一年が終わっていくんだなぁ・・・ってちょっと寂しい気持ちになりましたが、「もういくつ寝るとお正月~♪」の歌で、来年への楽しみが湧いてきて、とてもいいアレンジだなぁ・・・って思います。
ラストは、恒例の「オー・シャンデリゼ」をみんなで歌いました。
ほんと楽しかった。
加藤さん、清水さん、由美さん、義宗さん、由佳ちゃん、そして忍さん、素敵な歌をありがとう。
鈴木永子さん、有馬さん、義宗さん、素敵な演奏をありがとうございます。
ライブでご一緒させてもらった皆様、お会いできてうれしかったです。
これで楽しく一年を締めくくり、また来年もがんばろう!って心から思えました。

最後にライブで歌われた曲を書いておきます。

続きを読む


nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

2014サマーライブコンサート [ライブ]

2014サマーライブ.jpg

「BLISS☆FRIENDSサマーライブコンサート」 2014.6.26~29
【出演】・加藤健一・清水明彦・日下由美・有馬自由・・本多由佳・高畑こと美・加藤忍
飛び入りゲスト・丸山厚人(26~28日)鵜山仁(26日、28日のみ)
【ピアノ】鈴木永子 【カホン】有馬自由 【スーパーアドバイザー】小出真理子 【音響】田島隆久
【場所】笹塚/中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)
【感想】
サマーライブコンサートに行ってきました。
加藤忍さん企画の歌のライブも今回で4回目!
オープニングは忍さんの「君の瞳に恋してる」!
忍さんの歌声は迫力があって、いよいよ始まる!って感じでワクワクしてました。
そして「頬にかかる涙」は初めて聴きましたが、加藤さんの歌声と歌詞に惹きつけられ大好きな曲になりました。またライブで歌ってほしい曲です。
毎回何を歌ってくれるんだろう?と期待させてくれる清水さんは、「君は薔薇より美しい」でした! オリビア・ハッセーのCMを思い出しました。楽しかったです。いい曲ですね。
「真夏の夜の夢」は好きな曲なので、ライブで聴けてうれしかったです。由美さんの華やかさと歌がマッチしてたと思います。
由佳ちゃんの「バケーション」に「ボーイハント」を組み合わせた歌は、明るくてとっても楽しい気分になりました。
加藤さんの「愛遥かに」は聴いていると自然と情景が浮かんできました。ラララ~♪のところもよかったです。
1部のラストは忍さんの「Smile」、勇気が湧いてくる歌声でした。

2部のオープニングは、忍さんとこと美さんの「山口百恵メドレー」。ソロの曲をデュエットで歌ってくれて、うまくアレンジされてるな~って思いました。もちろん全部知ってます(笑)懐かしかったです。
丸山厚人さんのギターの弾き語りで「乾杯」を聴きながら、数十年前よく披露宴で聞いたことを思い出していました。すごい声量で熱い想いが伝わってきました。
その後に加藤さんがマイクを使わずに話をされたのですが、それは次の鵜山さんがノーマイクで歌うので、観客の耳を慣らすためだったそうです。人間の耳って大きな音を聞いた後は、大きな音に慣れてしまうそうで・・・ そういう気配りもさすがだなぁと思いました。
鵜山さんの「カタリ・カタリ」は聴き入ってしまいました。あんな声がでるんだ・・・って思います。またライブで歌ってほしいです。
清水さんとこと美さんの「Top of the world」も好きな曲です。自分が英会話のレッスンでこの歌を歌ったことがあるんですが、お二人の英語の発音がきれいだなぁ・・・って思って聴いてました。
加藤さんの「コメディアン」はサーカス一座を歌った歌で以前も歌ってくれましたが、今回も聴けてうれしかったです。明るい中にもちょっと寂しさが混じっているこの歌が好きです。
「雨」はこと美さんがイタリア語で聴かせてくれました。こと美さんの声とこの曲がすごく合ってると思います。
「ダニー・ボーイ」は戦場にいる息子を想う母の気持ちを歌った歌で、一番と二番の間に息子が親を想う気持ちを歌った歌を組み入れて加藤さんが歌われたのですが、どちらの心情も伝わってきました。
「月のワルツ」という曲は、歌詞が「不思議の国のアリス」の世界のようで、とっても楽しかったです。忍さんのお茶目な雰囲気にぴったりで素敵でした。
ライブではアンケートにリクエスト曲を書く欄があるのですが、その希望に応えて加藤さんが「カルチェラタンの雪」を歌ってくれました。この曲の楽譜を探すのが大変で、やっと国会図書館で見つけたそうです。それも半分しかコピーできないから、あと半分は手書きで写されたとか・・・
そこまで手間をかけて歌ってくれた歌は、とても素敵で心にしみました。
そして、忍さんの「太陽の扉」! 前回のライブで歌われたときに大好きになった曲ですが、今回もすごく良かったです。
そして「ラストの曲になりました・・・」と紹介されたのですが、そう言われると寂しいですね。もう終わっちゃうのか・・・って思います。2時間なんてあっと言う間でした。
2部のラストの曲は加藤さんと忍さんの「見果てぬ夢」でした。ミュージカルの曲をライブで聴きたかったのでうれしかったです。「ラ・マンチャの男」は観たことがないけれど、お二人が歌っていると大きな舞台で歌っているような感じがしました。そしてこの歌を聴いてると、「夢をあきらめずにがんばろう!」って気になってきました。とても素敵なデュエットでした。
アンコール曲はライブ恒例の加藤さんの「マイウェイ」!
ピアノのイントロが流れだすとうれしかったです。今回も歌ってくれるかな?と期待はしてたけど、ちょっと不安で・・・加藤さんのマイウェイが聴けてよかったです。

楽しい歌やしっとりと聴かせる歌、歌の合間に歌のエピソードを交えながらの楽しいお話と構成も素晴らしかったと思います。
それと歌とピアノとカホンの伴奏がすごく合っていて、まさにライブ!って感じでした。
お食事と飲み物も美味しかったです。
すごくすごく楽しかったライブ。贅沢な時間を過ごさせていただきました。
出演者の皆様、スタッフの皆様、楽しい時間を本当にありがとうございます。

ライブが終わって数日が経ちますが、「頬にかかる涙」や「ベサメムーチョ」、「太陽の扉」が頭の中を流れてきたりして、今も楽しいです(笑)
次のライブは今年の12月11日(木)~14日(日)に予定されているそうです。詳しくは加藤忍公式ブログ
次のライブの予定が発表されてうれしいです。
残り半年がんばって、年末のライブを自分へのご褒美にしたいなぁ・・・なんて思ってます。
がんばります!

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

クリスマスライブコンサート [ライブ]

加藤忍自主企画制作☆ライブ
「ブリス フレンズ クリスマスライブコンサート」 2013.12.22~24
【出演】加藤健一 加藤忍 日下由美 清水明彦 加藤義宗 高畑こと美 本多由佳
【ピアノ】鈴木永子 【カホン】有馬自由 【スーパーアドバイザー】小出真理子 【音響】田島隆久 
【場所】笹塚/中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)

クリスマスライブコンサートに行ってきました!
すごく楽しかったです。
今もコンサートで聴いた歌がいろいろと頭の中を流れていて、しばらく幸せな気持ちでいられそうです。

幕開きは、忍さんの“マイレボルーション”でした。
もう1曲めから、惹きつけられました。
この曲は、加藤健一事務所俳優教室で、毎朝1時間の体操のラストにかかる曲で、床に寝っころがって、足を45度にあげて、大きな声で歌うことになっていたそうです。「苦しくても最高の笑顔で!」という加藤さんの言いつけがあって、それを破ると加藤師匠から「喝!」が飛んだというエピソードを忍さんが披露してくれました。
“夢を追いかけるなら、たやすく泣いちゃだめさ”という歌詞に忍さんはいつも励まされていたそうですが、今、聴いてもこのフレーズにじーんときました。
本多由佳ちゃんの“ボナーレ”は、明るくて楽しい曲。
こうやってブログを書いていると、ついその曲が浮かんできます。
日下由美さんの“春よこい”もよかったな・・・
加藤さんが“思い出のグリーングラス”を歌いだすと、その情景が浮かんでくるんですよね。
役者さんの表現力ってすごいな・・・って思います。
清水明彦さんが英語で歌われた“アンチェインド メロディ”は、なんか聞いたことがあるな~って思ったら「ゴースト」という映画で使われていたそうです。元々は「アンチェインド」という刑務所の映画の主題歌だったそう・・・ 清水さんは今回も笑いを取りながらも、歌をしっかり聴かせてくれました。
1部ラストは、加藤さんが歌う“ケサラ”!
カウントダウンライブでも歌ってくれた歌ですが、大好きです!
今は平和でもいつ何が起こるかわからない・・・っていう歌詞を聴いてると、本当にそう感じたりしますが、加藤さんのあたたかい歌声を聴いてると、気持ちが明るくなりました。

2部の最初は忍さんとこと美さんのピンクレディ・メドレーでした。
めちゃパワフルな歌声とキレのいいダンスで、すごく盛り上がりました。
二人とも歌が上手い~ 
トークのコーナーでは、出番前の緊張をほぐすためにやっていることを話してくれて、面白かったです。
そして加藤さんの“オー・ホリー・ナイト”は、きれいな曲で讃美歌だそうですが、クリスマスだなぁ~!っていう厳かな感じがしました。
忍さんが歌う“誕生”は、とってもいい曲でした。生まれたきたこと、一緒に生きてこられたことに感謝するこの歌を聴いてると、泣きそうになりました。
そして、義宗さんとブリス・キューティガールズによる“浪漫飛行”
この歌は大好きで、ライブで聴けてよかったです。
音楽活動をされていた時期があったそうですが、ピアノ弾き語りの“いつかのメリークリスマス”も義宗さんの世界を創ってるな・・・って思いました。
こと美さんが歌った“薔薇のことづけ”も初めて聞いた曲だったけど、こと美さんのパワーのある歌声にとってもあっていて、すごくいい曲だなぁって思いました。
そして、忍さんの“ララバイ”に清水さんの“ラグライムの子守歌”、そこに加藤さんが“五つの銅貨”という歌で入ってきて、3曲を同時に歌ってくれました。
すごく不思議な感じなんだけど、違和感がないんですよね。
加藤さんの“愛の讃歌”は、エディット・ピアフの原曲に忠実に訳した歌詞だったのですが、空で魂が寄り添って生きていく・・・っていうのは、理想の愛の形だなぁ・・・って思います。
アンコールで、ピアノが“マイ・ウェイ”の前奏を奏で始め、加藤さんが歌い出すと、ゾクゾクってしました。
加藤さんのマイ・ウェイは最高です!
サビの部分は、加藤さんの歌声とピアノの音、義宗さんと有馬さんの伴奏の音楽とが見事に調和していて、なんて素敵!って思いながら聴いてました。
そして、クリスマスとお正月の歌を出演者のみなさんが同時に歌われました。
歌の苦手なわたしは、“よく釣られないで歌えるな・・・”って思ってましたが、クリスマスともうすぐお正月という気持ちを同時に味あわせてもらいました。
ソロの曲だけでなくデュエットや合唱もあって、面白かったです。
みなさん忙しい中、このライブのためにお稽古されたんだなぁ・・・って思いました。
そして、このライブ恒例のみんなで“オー・シャンゼリゼ”!
“最後は半音上がりますから、ちゃんとついてきてくださいね!”っていう加藤さんのアドバイス付きでした(笑い)ライブを聴いていると、自分も歌いたくなってくるので、一緒に歌えてうれしかったです。
めちゃ盛り上がって、最高に楽しいコンサートでした。
コンサートが終わって、「また、がんばろう!」って自然に思えたのもうれしい。

コンサートの前にバイキングの創作料理をいただいたのですが、美味しかったです。
そして、これまでのライブで同じテーブルになった方々と今回もお会いできたのもうれしかったな・・・

出演者のみなさん、スタッフのみなさん、そしてライブ会場で一緒に盛り上がったみなさんに感謝しています。
素敵な時間をありがとうございます。

最後にライブで歌われた曲を書いておきます。

続きを読む


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ライブ「加藤健一と愉快な仲間たち」 [ライブ]

2013サマーライブチラシ.jpg

加藤忍 自主企画☆歌ライブ 2013.8.27~28
「加藤健一と愉快な仲間たち」
【出演】加藤健一 清水明彦(文学座) 日下由美 有馬自由(扉座) 加藤義宗 本多由佳 加藤忍
【ピアノ】鈴木永子 【スーパーアドバイザー】小出真理子
【場所】笹塚/中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)

ライブ「加藤健一と愉快な仲間たち」の感想です。
すごく楽しかったです。
加藤さんの歌声が素敵~[黒ハート]
お芝居の声とはまたちがう良さで、聞き惚れました。
加藤さんが歌う“街の灯り”は、原曲とはちがった魅力があって、この曲っていいなぁ~って思いながら聴いてました。
忍さんの“黒い鷲”は、とてもドラマチック! 感情がこもっていて、場面が浮かんできました。
清水さんが“いとしのエリー”を歌うと紹介があったとき、客席からワーっという声が・・・
それでますますプレッシャーがかかってきたと話す清水さんの前が義宗さんの歌だったのですが、「いとしのエリーの前座です」という義宗さんの挨拶はウケました。
そのプレッシャーのかかる中で、清水さんの“いとしのエリー”、よかったです。
みなさん、他の誰でもない“自分の歌”にされているのが、すごいなぁ・・・って思いました。

第二部のオープニングの日下由美さんと忍さんのザ・ピーナッツメドレーは、女優さんの華やかさが満開で、すごく素敵でした。
加藤さんの“幸せの黄色いリボン”もよかったなぁ・・・
この曲を聴いて、山田洋二監督が「幸せの黄色いハンカチ」という映画を創られたとか・・・
“ラブ・ミー・テンダー”と“やさしく愛して”を一緒に歌うとか、“岬めぐり”と“お嫁においで”を一緒に歌うというのがあって、そんなことができるんだぁ・・・って思いました。
忍さんの“ハナミズキ”も想いがこもっていて引き込まれました。
そして、アンコール曲は、加藤さんの“マイ・ウェイ”・・・
すごく素敵でした。年末ライブの時よりも心に響いてきました。
聴きながら、わたしも心にままに生きていこう・・・って思いました(笑)

ほんとに楽しい時間で、終わってしまった時はすごく寂しかったです。
でも、それだけいい時間を過ごせたんだなぁ・・・とも思っています。
バイキングのお食事もお茶もすごくおいしかったです。
忍さんのブログには、クリスマスライブ(12/22~24)が企画されているとの朗報が!
すごくすご~く楽しみです。

最後にライブで歌われた曲目を載せておきます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「カウントダウンライブ」感想 [ライブ]

年末に加藤健一さん出演のカウントダウンライブに行ってきました!

【出演】加藤健一 加藤忍 新井康弘 高畑こと美 加藤義宗 本多由佳
【ピアノ】鈴木永子 【スーパーアドバイザー】小出真理子
【場所】笹塚 中国茶芸館Blue-T(ブルーティー)

すご~く楽しかったです!
最初の曲は、加藤さんの“マイウェイ”! 伝説の曲をわたしは初めて聴けて、うれしかったです。とても素敵な歌声、そして気合を感じました。忍さんの歌は初めて聴いたのですが、迫力があってびっくりしました。高畑こと美さんの声もきれいで、パワーにあふれてる感じ。新井さんは“酒と泪と男と女”をしっとりと歌い上げられました。
加藤さんのギターで忍さんが“時に昔の話を”という歌を歌われたのですが、とてもよかったです。加藤さんはこの歌の歌詞が大好きだそうです。
どの方の歌も、歌詞が心にすーっと入ってきて、その世界に引き込まれていきます。引き込まれすぎて、別れの曲とかは悲しくなったりもしたけれど、歌の合間には曲紹介や今年の思い出、舞台での失敗談等があって、めちゃ面白かったです。
本多由佳ちゃんの“風になりたい”は爽やかで明るくて、ハッピーな気持ちになれる曲。客席も手拍子が起こって盛り上がってました。
忍さんと高畑こと美さんのデュエットの恋のメドレーは、振り付きでめちゃ楽しかったです。忍さんとこと美さんの声って似てるのかな? デュエットがきれいでした。
素敵なピアノ前奏で始まる“陽はまた昇る”は、加藤さんが持ってるパワーと優しさが伝わってきて、ほんと希望が持てる歌でした。
ずうとるびの“みかん色の恋”は楽しみにしていた曲の一つだんたんですが、全員が歌や踊りで参加されて、すごく楽しかったです。手拍子しながら盛り上がって、一緒に参加してる気持ちになれました。加藤さんが“名曲ですね”って話されてましたが、ホントにそう思います。
加藤義宗さんは、ピアノの弾き語りで尾崎豊の“I LOVE YOU”を歌われ、独特の空間を作りだしておられました。ピアノは独学で弾けるようになったそうです。
加藤さんが“歌うことと、絵を書くこと、芝居をすることは、生まれたときから持ってるもので、誰に教えられなくてもやり始めるものなんですよね、ただ評価されると辞めてしまうけど・・・”って話されてました。わたしは歌が下手で人前で歌うなんてとんでもないけど、みんなで歌った“オーシャンゼリゼ”は楽しかったし、歌うことって楽しいなって思った夜でした。
加藤さんが歌う“ケサラ”がすごくよかったです! 明日はどんなことが待ってるかわからないけど、今日のこの日を感謝して生きよう・・・ って気持ちになりました。イタリア語での“Io Che Non Vivo(この胸のときめきを)”もよかったな~ 忍さんの“太陽のとびら”も情熱的で素敵でした。
どの曲も素敵で、予想以上に驚き、感動しました。そして聴きながらこの一年に観た加藤健一事務所のお芝居のことをふと思い出していました。
加藤さんは手に汗をかくほど緊張してると最初に話されていましたが、すごく楽しそうに歌われていました。
ホント夢のような時間でした。
11時30分頃にコンサートは終わり、12時5分前からカウントダウン!
年が明けた後もなんか夢のようでした。
夢から醒めるとちょっと寂しかったですが、次はクリスマスあたりに企画していますという話が出ていたので、それを楽しみに、その日にいい1年だったと思えるように今年もがんばろう!と思ったわたしです。
テーブルでご一緒した方々とは初対面だったのですが、コンサートで盛り上がり、ぜひ来年もお会いしましょうと言って、お店を後にしてきました。
この年末のコンサートに行けたことに心から感謝しています。

この企画・プロデュースは加藤忍さんで、お店は弟さんのお店だそうです。
お料理もお酒もおいしかったです。席には出演者全員のサイン入りのメッセージカードが置かれていて、至るところに心遣いが感じられました。
出演者の方々、スタッフの方々、そしてお店でお会いした方々、とっても楽しい時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

最後に、必死で思い出した曲名を書いておきます。記憶があいまいなので、抜けていたりまちがっていたりするかもしれません。お気づきの点があればコメントで教えてもらえると助かります。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
ライブ ブログトップ