So-net無料ブログ作成
検索選択
遥かなる絆 ブログトップ
前の10件 | -

「遥かなる絆」年末に再放送! [遥かなる絆]

加藤健一さん出演のNHKドラマ「遥かなる絆」の再放送情報です!
NHKの番組表はこちら

放送日時
12月30日(水)  午後3時から  第1回・第2回・第3回
12月31日(木)  午後3時から  第4回・第5回・最終回
放送局
NHK 総合テレビ


今年の春に放送されたドラマが年末に地上波で再放送されるのってうれしい。
一年の締めくくりって感じがしますよね。
見逃された方は、ぜひ録画して観てくださいね~
わたしももう一度、ゆっくり観たいと思っています。

****************
 ↓ランキングに参加中。応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「遥かなる絆」再放送情報 [遥かなる絆]

加藤健一事務所HPのカトケンニュースに「遥かなる絆」の再放送
情報がUPされていました。こちら

NHK-BSハイビジョン放送
8月12日(水) AM10時~12時58分 1~3話
8月13日(木) AM10時~12時58分 4~6話

録画してあっても、再放送される!っていう情報を聞くとうれしい~
今度は3話づつ連続で放送ですね。

今、城戸久枝さんの原作「あの戦争から遠く離れて」を読んでいるところ
なんですが、電車の中で読んでると涙が出てきそうになって、恥ずかし
かったりします。
再放送までには、城戸幹さんが書かれた本も読んでみようと思ってます。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「遥かなる絆」第六回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」第六回「ふたたびの河」を観ました。

あらすじは、こちらです。

久枝(鈴木杏)さんが、またクラスメートに“日本人として中国侵略をどう思う
のか?”と問い詰められる場面がありました。今回は、久枝さんが自分の思
っていることを話しはじめてくれて、ちょっとほっとしました。
“そこまで言うかな?”って思うくらい攻撃するから・・・

20年ぶりに幹(加藤健一)さんがお母さんに会いに行くと、お母さんの部屋
には、幹さんが送った写真がいっぱい飾ってあって、それを見たら泣けてき
ました。会えなくてもつながってる・・・ ってことを強く感じます。

お母さんのお墓まいりに来た幹さんが、“元気だったかい?”って、まるで
お母さんが生きているかように話しかけてました。
亡くなったからといっても、愛情の深さは何ひとつ変わってないし、自分の
書斎にいるときも、幹さんの中にはお母さんがいるって感じます。

ラストシーンの凍った牡丹江はすごかったです。今まで見たこともない風景。
厳しいけれど、とてもきれいで・・・
幹さんは、こういうところで育たれたんだなぁ・・・って思ってました。
“殺されかけたわたしを救ってくれたのは、おばあちゃんだった・・・”って娘
さんに話す幹さん。
“殺される”って記憶を持ちながら生きるのって、どんなんだろう?・・・とか
そしてもし幹さんが生きていなかったら、久枝さんは生まれてきてないわけ
だし・・・とか思って観てました。
“命”ってつながっていくし、“愛情”もつながっていく・・・

中国と日本・・・ 国と国になるとわからないことも多いけれど、人と人になる
と見えてくるものがあるんだろうな・・・って思ってます。

毎週土曜日、楽しみにしていたドラマが終わってしまって寂しいです。
原作本も幹さんが書かれた本もまだ読んでないので、これから読もうと思って
ます。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

城戸幹さんと久枝さんの番組 [遥かなる絆]

以前、このブログにも書いた城戸幹さんのドキュメンタリー番組
四国スペシャル「故郷行 中国・家族のルーツをたどる旅」
今度NHK総合テレビで再放送されるという情報が「遥かなる絆」の
HPにUPされていました。こちらです。

日時は、
5月31日(日)午後4時~4時43分
近畿地方は、6月7日(日)午後4時5分~4時48分
広島県、島根県、鳥取県では、6月5日(金)午後8時~8時43分

ナレーションは加藤健一さんです!
わたしは4月の初めにこの番組を観たんですが、大げさに作られたって
感じるところがなくって、とてもいい番組だなぁ・・・って思いました。
再放送があったらいいな~って思ってたので、もう一度観たいと思って
ます。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遥かなる絆」第五回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」第五回「果てしない旅」を観ました。

あらすじは、こちらです。

養母とあれほど辛い別れをして日本に帰った玉福(グレゴリー・ウォン)さん
が、「日本に帰ってきて本当によかった・・・」と思うんだろうか・・・? って
疑問だったんですが、今回の放送の中で、「それでも日本に帰ってきたこと
を後悔はしなかった」という言葉に、自分の選んだ道を決して後悔しない
ゆるぎないものがあるんだ・・・と感じました。

このドラマを観てて、お父さん、お母さんの存在のありがたさを感じました。
日本のお母さん(伊藤榮子)もすごくやさしい。お父さん(浜畑賢吉)は厳し
いけれど、ちゃんと子供のことを考えていて・・・

“字が上手い・・・”ということで、幹さんはおじさんの会社に就職できること
になったけれど、養父が達筆で、幼い玉福に字を教えていたなぁ・・・って
いうのを思い出しました。
結婚する相手と出会ったきっかけも“字”だったし・・・
養父と幹さんとの絆も感じました。

前回は、涙、涙・・・だったんですが、今回は、微笑ましい場面もいっぱい
ありました。
久枝(鈴木杏)さんが劉成(フービン)さんの保証人を幹さん(加藤健一)に
頼むために電話してきたシーンは、父親が娘の男友だちに気が気じゃない
って感じで可笑しかったです。
でも、娘の言葉を信用して保証人になると答えた幹さんと、留学を1年延ば
したいという気持ちをお父さんならわかってくれる・・・と話す久枝さんの間に
“強い信頼関係”を感じました。

「言葉が話せるようになってスタートラインに立てた気がする・・・」っていう
久枝さんの言葉は、とても印象に残ってます。
それと、「今、中国を離れたくない」っていう言葉。
幹さんはどういう思いでその言葉を聞いていたのかな・・・って思ってました。

久枝さんと劉成さんはとてもいい感じだったな・・・
久枝さん演じる鈴木杏ちゃん、かわいいな~って思って観てました。
それにしても、バスターミナルのシーン、めちゃ寒そう。

いよいよ来週は最終回。
中国での再会シーンもあるし、幹さんと久枝さんが中国を訪れるシーン
もあるし、これからどうなっていくのかも気になるし・・・
とっても楽しみです!

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遥かなる絆」第四回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」第四回「牡丹江の別れ」を観ました。

あらすじは、こちらです。

1時間のテレビドラマで、これほど集中して観たのはひさしぶり。
最初から最後まで、惹き込まれて観てました。

久枝(鈴木杏)さんが牡丹江で春節を過ごすシーンは、人のあたたさが
すごく伝わってきました。
そして、みんなとても幹(加藤健一)さんに会いたがってるというのも・・・
「お父さんが退職したらみんなでこっちに来たらいい」っていう言葉には
ビックリでした。

加藤さんファンのわたしは、今回はいつ出てくるのかな?って思いながら
観てるんですが、中国語を話す声に、“あっ、加藤さんの声!”って反応し
ていました(笑)
「春節は家族で過ごすもんだからな・・・」って奥さんに話すとき、幹さんの
心の中には、中国での春節の思い出が蘇ってきてるのかな・・・って思っ
ってました。

文革のとき、監視の目に怯える玉福(グレゴリー・ウォン)さんを見てると、
気が変になるんじゃないか・・・って思いました。
そして養母の淑琴(岳秀清)さんの励ましの言葉。このままだと死んじゃ
うよ・・・っていうのは、本当かもしれない。
失意のどん底にいる息子になんとか希望をもたせようとする母親とそれ
にちゃんと答える息子の気持ちがそのまんな伝わってきて、涙がでて
きました。
「母さんがいるから、このままでもいい・・・」
結局は日本に帰国することになるけれど、このときのこの気持ちは
本物ですもんね。

玉福さんと淑琴さんのシーンはどの場面もお互いを思いやる気持ちが
伝わってきて、すごくよかったです。
特に淑琴さんが「日本の住所と名前を書いていって」っていうシーンは、
今、思い出しても涙がでてきそうなくらいです。
そして、やはり最後には「行かないでおくれ」って言ってしまうお母さん
の気持ち、そしてそんなお母さんから離れられない玉福さんの気持ち・・・
それを引き離し、列車に乗せる二人の友人の気持ち・・・
どうしようもないのはわかっているけれど、別れはとても辛いですね。

玉福さんが飛行機で帰国するシーンで今回終わったけれど、これほど
までして日本に帰って、これからどうなるのかな? って思ってます。

そうそう、「植樹歌」って、とてもいい歌ですね。
最初は覚えにくいな~って思ってたけれど、だんだん覚えてきました(笑)

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遥かなる絆」第三回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」第三回「祖国へ」を観ました。

あらすじは、こちらです。

久枝(鈴木杏)さんが日本語教室の生徒で、中国残留孤児の方と
会話するシーンがあったんですが、その方の言葉から「どうしても
日本に帰りたい」という気持ちと「祖国への思い」を強く感じました。

玉福(グレゴリー・ウォン)さんはやっとのことで日本の両親が見つ
かって、それはすごいことなんだけど、その一方で養母の淑琴
(岳秀清)さんがかわいそう・・・って思ってました。

それにしても幹(加藤健一)さんは自分の日記を娘さんに見せること
ができる人なんですよね。
その当時の自分の気持ちをわかってもらうには、それが一番だろう
けど、なかなかできないことだと思います。

ドラマの中で西暦が出てくるんだけど、その時、自分はいくつだった
のか・・・って思ってました。
そして文化大革命ってそんな昔のことじゃないな・・・って思うんです。

金曜のスタジオパークで予告が流れてたので、久枝さんの寮に電
話がかかってきたときは、「幹さんからかな?」って思ったんですが、
実際に声が聞こえてくるとうれしいですね(笑)
娘さんのことが心配で仕方ないけれど、がんばってほしいって思っ
ってるんだろうな・・・

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

記者会見の記事 [遥かなる絆]

ネット検索をしていたら、「遥かなる絆」の記者会見の記事を二つ見つけました。
こちらこちらです。

記者会見は3月末にあったので、ちょっと時期がズレちゃってますが、
読み応えあったし、加藤さんが楽しそうに笑ってる写真がUPされて
いたので、読めてよかったです。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遥かなる絆」第二回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」第二回「日本孤児」を観ました。

あらすじは、
久枝(鈴木杏)は日本語を学ぶ大学院生・劉(フービン)と知り合い
留学生活をスタートさせるが、言葉の壁と日本人であることで受けた
バッシングに落ち込む。そんな時、父がかつて中国でつけていた日記
を読み始める。
青年時代の父・玉福(グレゴリー・ウォン)は日本人だと明らかにした
ことで大学進学に失敗、将来の夢を絶たれるが、肉体労働で養母・
淑琴(岳秀清)を支えるようになる。「進めば必ず道は開く」そんな父の
信念を久枝も受け取る。 (「遥かなる絆」番組HPより)

留学中のクラスで、「日本人は何も知らない。何も教育されてない」って
責められている久枝さんを見てると、“これは辛いだろうなぁ・・・”って思
ったし、もし自分であったとしても同じ状態だろうな・・・って思いながら、
観てました。

城戸幹(加藤健一)さんから久枝さんへの一通目の手紙はよかったな。
「車到山前必有路(進めば必ず道開ける)」
なんかわたしもこの言葉を聞いて、力が湧きてきたんですが、久枝さんに
とって、とても頼もしいお父さんだろうな・・・って思ってました。

民族を日本としたことで、ことごとく大学受験に失敗するし、国籍を日本
と選ぶことで、臨時教員の職も失うんだけれど、これが玉福さんの生き
方なんですよね。正直で、真面目で、自分の信念を曲げない・・・
実話だから、すごい方だなぁ・・・って思います。

久枝さんから「おばあちゃんのお墓まいりに行ってきたよ」と電話をもら
った幹さんが「そうか、行ってくれたんか・・・」って話してるのを聞いて、
じーんときました。
幹さんは、言葉の数は少ないけれど、その言葉には色んな想いが込め
られているって感じます。

第二回の放送を観て、「歴史をちゃんと知っておかなくちゃ・・・」って
ことと、「困難な状況になったとしても、それによって人と出逢えたり、
自分の考え方が変わったりするもんだなぁ・・・」って思ってます。

来週の放送もとても楽しみです。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「遥かなる絆」第一回 [遥かなる絆]

「遥かなる絆」 第一回「はじまりの河」を観ました。

あらすじは、
城戸久枝(鈴木杏)は留学先の中国で父の血のつながらない親戚や
親友から歓待を受ける。父・幹(加藤健一)は中国残留孤児だった。
残留孤児などという言葉もまだない日中国交回復前に自力で帰国を
果たしていた。久枝は初めて父の生い立ちを聞かされる。
養母となった淑琴(岳秀清)は貧しい暮らしの中、その子に玉福と
名づけ懸命に育てた。母の愛情を一身に受けた玉福は中学進学で寮
生活となる頃、母への恩返しを心に誓う。
久枝もまた異国での生活を始めながら、父の真実に向き合おうとし
ていた。(「遥かなる絆」番組HPより)

久枝さんが中国の大学に留学するところから物語が始まります。
幹さんが寮に電話をかけて出す手紙を読もうとするシーンは、思わず
笑ってしまいました。
ドラマを見てて思ったんだけど、幹さんは娘さんが中国に留学する
まで昔のことを何も話してこられなかったんですね。

幹さんがどういう経過で中国人の養父母に引き取らて、育てられた
かを見てると、中国人みんなが日本人を嫌っていたわけじゃなく、
「同じ人間」として見てくれる人もいたんだ・・・って思いました。
子供が川に投げ込まれるシーンはなんとも言えない気持ちになった
けど、幹さんも殺されてたかもしれないんだ・・・っていうのをリアル
に感じます。

お母さんの淑琴さんは、すごい人・・・
なんとしてもわたしがこの子を守ってあげる・・・っていう気持ち。
お父さんも口数は少ないけれど、玉福(幹さんの中国名)を自分の
子供として愛してるっていうのが伝わってきます。

それと貧乏であっても優秀な子供は中学に行かせてあげようと
まわりの人たちはしてくれるんですね・・・
人があったかい。
久枝さんを歓迎してくれる親類の人たちのあったかさ・・・
お父さんはこの国でとても愛されてきたんだろうなぁ・・・って
感じます。

淑琴さんが亡くなったっていう知らせを聞いた幹さんの背中が
とっても寂しそうでした。
淑琴さんと幹さんとの強くて、深くて、あたたかい絆を第一回め
の放送からとても感じます。

でも、まだ幹さんがどういう風に中国で暮らしてきたのかがわか
らなくって、それを知りたいな~って思いました。
これから久枝さんが幹さんのことを知っていくにつれて、見てる
わたしも知っていけるようになってるんですよね。

このドラマ、時の流れも自然だし、色んなことを感じさせてくれ
ますね。いいドラマだなぁって思います。

わたし、「中国」は怖いっていう気持ちがあって、これまで行き
たいと思ったこともないんですが、中国に対する見方が変わる
かも・・・

来週の放送もとっても楽しみです。

****************
 ↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 演劇ブログへ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - 遥かなる絆 ブログトップ